バーベキュー用火消し壺の選び方と使い方

バーベキュー用火消し壺の選び方と使い方

バーべキューで楽しんだ後、炭を捨ててしまうことがあるかと思いますが、実は再利用できて節約できるのです。
それに便利なものが、火消し壺です。
終わった後の炭を火消し壺に入れておくことで、次回も使うことができます。

 

火消し壺の使い方は簡単で、火が着いた状態の木炭を火消し壺の中にいれます。
そしてふたをして10分待つだけです。
ふたをしたことで壺の中の酸素がなくなって自然に消えるのです。
ここで火消し壺に入れた炭は、再利用する際には新しいものよりも着きがいいので、火おこし用にもなります。

 

あとは、選び方です。
昔の火消し壺と言うと陶器のものが多く、壊れやすいと言うのが現状でした。
しかし、最近はバーベキューなどのアウトドア用にアルミやステンレス製のものが販売されています。
バーベキューで使うのなら、持ち運びしやすくて扱いやすいものがいいですね。
バーベキューを頻繁に行うなら、ぜひ火消し壺、持っておきたいアイテムです。