バーベキューでの火起こし器はどう使う?

バーベキューでの火起こし器はどう使う?

バーベキューでは炭を用いてお肉や野菜を焼きあげるかと思います。
しかしながら通常の方法では結構手間も掛って非常にめんどうです。
そこで、火起こし器を使って簡単に着火させる使い方をここでは紹介しようと思います。

 

準備するものとしては、バーベキュー用の炭と、火起こし器、そしてマッチもしくはバーナー、そして着火材も準備しておきましょう。
まずは、火起こし器の中に炭を適宜いれていきます。
そして、着火材に火をつけ、先ほど準備した火起こし機を着火材の上にかぶせます。
大体10分から15分ほどで、火起こし器の上部より火が見えてくるようになります。
全体的に炎が出るようになったら、取り扱いに注意しながら火起こし機をコンロの下に設置しましょう。
これで、バーベキュー用の火は準備OKとなります。

 

火起こし器の使い方は大体この様な手順となっています。
火起こし器と炭だけでは準備不足で、別途着火材が必要となるのでそこは注意しておきましょう。
また、火をコンロの下に設置する場合は火傷をしないように特に使い方に注意すべきです。